ブログ

イーグルコーヒー通信(2017年1月号)

イーグルコーヒー高山通信

イーグルコーヒー高山では月に1回「イーグルコーヒー通信」を発行しています。
掲載記事の一部を皆さんにご紹介します。

焙煎人より

 2017年を元気で迎える事が出来ました。有難く感謝しております。皆様はいかがでしたでしょうか?

 イーグルコーヒー高山は、昨年度様々な試練を頂きながら厳しい環境を乗り越えてまいりました。ピンチはチャンスとも言われております。ピンチを招いた時どうしようと嘆き落ち込むのでなく次はこのような間違いを決して行わないという教訓と次に生かせるチャンスを頂いた事を心に刻み良い結果を望むところです。

 押しつぶされそうな事もありましたが、イーグルコーヒーを支えて頂いているたくさんのお客様に力を頂いている事に感謝するとともに、これからも美味しいコーヒーを造り続ける事を念頭に置き、更なる飛躍を目指し取り組んでまいります。

 今年は私にとってはあまり良い年ではないそうです。したがって今年の目標は、無理をしないよう。高望みをしないよう。人に迷惑をかけないよう。謙虚につつましくを目標に一年を頑張りたいと思います。

 

コーヒーの情報

コーヒー豆紹介・コスタリカ コーラルマウンティン

 イーグルコーヒーで取扱い始めて数年になりますが順調に売れているコーヒーの一つです。

 中南米のコスタリカが生産国で、コーラル地区で収穫されます。標高は1200m、年間雨量が2400mmと適度な雨量です。収穫時期が12 月~ 4 月で日本とは反対に夏の季節になります。平均気温が19 度と寒暖のさもあり条件はとても素晴らしい環境です。

 コーヒーの品種はカツーラ種とカツアイ種ブルボン種を品種改良したものですが生産をするにはとても病気に強く精算性が良いものです。

 コーヒー豆の収穫をしてから乾燥させる手法としてコーラルマウンティンは天日乾燥、機械乾燥を用い安定した味覚を大切にしています。スクリーンは(粒の大きさ)#18、#17 が中心であり、アロマ、後味、フレーバー、ボディー、甘味、酸味共にグレードの高いものになっております。

 コーラルマウンティンの名前は「晴天の日には美しい藍色に見える」ことから名づけられました。コーラル地区では高品質を生み出す地区として有名であり上品で柔らかな後味が感じられるコーヒーでブラックで飲んでほしい逸品です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る