ブログ

イーグルコーヒー通信(2016年1月号)

コーヒーの実

イーグルコーヒー高山通信

イーグルコーヒー高山では月に1回「イーグルコーヒー通信」を発行しています。
掲載記事の一部を皆さんにご紹介します。

焙煎人より

2016年を元気で?むかえる事ができました。
今年は、様々な分野で厳しい環境を迎える予感がします。

今年ほど温暖化を目の当たりに感じたことはありません。
暖かい事は良い事でもありますが、自然界にとっては1度の上昇が環境を破壊するだけの脅威にもなります。
その為に地球上の人口の1割が影響受けると言われております。もともと、地球上に存在できる人口は50億人と言われておりましたが、すでに60億を超えてしまいました。

今後、70億になるとも言われております。食料は追いつくのでしょうか?貧富のさが拡大します。食料の奪い合いが予想されます。人が生きて行く為には食料が無くては生きていけません。介護難民が増大します。これからは、元気で長生きする事が要求されます。

そこに必要なのは食生活です。現在の食事を見直し、健康的な食生活が望まれます。食生活で元気で長生きできるとすれば見直す必要があります。

今年は、医者にも薬にも頼らない生き方ができるようにしたいものです。

 

コーヒーの情報

コーヒー豆の需要と供給バランス?

今、一番気になっている事がコーヒー豆の供給が不安定になっている事だ。

従来必要な種類のコーヒー豆は速やかに手に入れる事ができた。近年、需要の拡大はあるものの、収穫が増えていない。増えるどころか、サビ病による被害が増大している。南米を中心に拡大しており、ブルーマウンテンを始め、キューバ・ドミニカなどにも影響がおよび入荷が困難になっている。

入荷の案内が入ってくるときには、今までの価格では仕入できない価格がついてくる。特にスぺシャリティーコーヒーなどは論外の価格になっている。

確かに質も良く管理されたコーヒー豆は味も良く美味しさを際立させているのだが、一体いくらで売らなければならないのか頭が痛い。若干の価格高騰は免れないがそれに見合う美味しさを、限りなく追及し買って良かったと満足して頂ける焙煎技術を更に磨き取り組んでいきたいと考えています。

時代と共に、嗜好も変化しております。今の時代にあった美味しさの研究も忘れないようしなければいけません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る