ブログ

イーグルコーヒー通信(2019年8月号)

イーグルコーヒー高山通信

イーグルコーヒー高山では月に1回「イーグルコーヒー通信」を発行しています。
掲載記事の一部を皆さんにご紹介します。

焙煎人より

 昨年の猛暑では、連日35℃超えを記録。7月後半から8月お盆過ぎまで暑さが続きました。クーラーも良く売れたとの事です。

 今年は、少し寒い状態が続きトマトが赤くならないと農家さんが嘆いておられました。このような、異常気象は今後も形を変えては地球を脅かしてくるのではないでしょうか。それに備えられる環境を私たちが今のうちに準備をしておかねばと思います。

 私が小学校くらいの時にテレビマンガで宇宙ステーションなどがあり、タクシーが宇宙を飛び回っているそんな映像を思い出しましたが、現在の地球上に人類がどの程度住むことができ、人間は地球を壊している意識に気づいていないのでしょうか。

 いずれ、このままの状態が続けば必ず地球は悲鳴を上げ、人類は地球に住むことができなくなるのではないでしょうか。私が見た昔の漫画「宇宙ステーションパトロール」?だったかな?は、近い将来現実味を帯びてくるよ
うな気がします。

 

 

 

コーヒーの情報

コーヒーの器具(メリタドリッパー&ロシ)

 先日、メリタ(株)の方が当社にご来店頂きました。あまり興味はなかったのですがドリッパーとロシのサンプルをもってお見えになりました。

 メリタさんのドリッパーは一つ穴でコーヒーの粉は細かめに挽き、1 人分の量は7gと言う知識はありました。しかし、今回持参されたドリッパーは少し違っていました。1つ穴が底についてなく、少し上部分の横についているという製品でした。これは、1 投目の蒸らし部分をしっかり蒸らすための工夫だという事です。少し上部分に穴がある事でお湯が底部分に残りコーヒーの粉にしっかりと蒸らしができる工夫がされているみたいです。

 もう一つはペーパーフィルターの違いを説明されました。今回のペーパーフィルターには小さい穴があけてあるとの事でした。その事でコーヒーに含まれている油分を注出可能にされ美味しさを強調されているみたいです。従来コーヒーの美味しさ(旨み)を抽出するには布のこし袋を使う事を説明してきました。しかし取扱いに不便さがある事を知ると、ペーパーフィルターを採用されます。

 取り扱いが簡単なペーパーフィルターで油分が抽出され美味しさを楽しむことができるならメリタの穴あきペーパーフィルターを紹介する事も必要と思いメリタ製品も取扱いする事にしました。お客様は選ぶ楽しみが増えた訳です。そして更なる味の探究心が増してきた訳です。器具も1 種類だけでなくシチュエーションによって使い分けできる事が求められてきているような気もします。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る